2009年12月18日

フコイダン

フコイダンとは、モズク、メカブやコンブなどの海藻類に含まれるヌルヌルした成分の中にある多糖類のことをいいます。このヌルヌルとした成分にはアルギン酸、ラミニンなどが含まれているということから注目を浴びています。アルギン酸、ラミニンには、コレステロールの抑制作用、血圧降下作用などもあることが判ってきています。

フコイダンを一躍有名にしたのがフコイダンが持っているアポトーシス(自然死)という作用です。アポトーシスとは、正常な細胞が持っている細胞自滅システムのことをいいます。正常な細胞は、寿命やその前でも異常が現れたりすると自滅のスイッチが入って、自から消滅していきます。ガン細胞は、この自滅スイッチが作動しないで増殖を繰り返してしまいます。

フコイダンは体に入ると、すばやくガン細胞のもとにだどりつき、ガン細胞膜にある自滅スイッチを押し、DNAが破壊されるのです。フコイダンの飲み方は、空腹時に飲むと吸収率が高いので、1日4回ほどに分け、食前・食間の空腹時に飲むと効果的です。朝・昼・夕・晩、特に起床時と就寝時は必ず飲むようにします。健康維持が目的の場合は、朝・晩の2回に分けて飲むことをおすすめします。飲む際には、口にふくませ、ゆっくりと流し込むように飲むようにします。基本的に天然成分から抽出されたものなので、飲みすぎて問題になることはありません。フコダインの飲用期間は、健康維持が目的の人については、いつまでという期限はなく予防の意味でも継続して飲むとよいでしょう。難病改善が目的の人は、約1ヶ月から3ヶ月を基準に飲むことをおすすめします。
posted by サプリメント at 17:50 | 美肌・ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。